MENU

 

「聴く」「感じる」に革命を起こした脊髄の響き

 

「映画・TV・音楽」の急所脊髄 への響きは脳内麻薬を生み

覚醒作用の恍惚感で 幸せの世界へ導きます

 

生体麻薬の覚醒作用は誰もが味わったことのない感動で陶酔感が生まれます

エンターテインメントの麻薬作用の響きは 西洋医学の薬を超えました

脊髄に響く生命の危険を伴う激しい衝撃波は脳内麻薬を生み、覚醒作用で心と身体を幸せにします。
身体を震わせる響きは体内の深部を摩擦熱で胎児のように38℃に温めます。
音響免疫療法はエンターテインメントの響きを最先端医療に応用しました。
録音した自分の声は他人の声に聞こえます。空気の伝える耳の音は感動が伝わりません。
身体が求める音は脊髄から頭蓋骨を震わせる自分自身の生きた声です。
耳で聴くスピーカーの電子音は心と身体に害を与えます。
耳の音は首から下に響きません。
感じる時は副作用で害になります。
音響免疫療法は医学とエンターテインメントの世界に革命を起こしました。

 

音響免疫療法学会の医師会は羊水エンターテインメントの

麻薬作用を生む脊髄の響きを最先端医療に応用しています

 

 

脳内麻薬を生む映画・TV・音楽の脊髄の響きは医学に革命を起こした

身体は脊髄に響く身体共鳴の「生きた響き」を求めます。
オペラ歌手は脊髄で歌います。
脊髄を震わせる響きは感動と陶酔感を高め、心が3Dの立体感覚で映像が3Dに感じます。
スピーカーで耳で聞くオーディオシステムは古いテクノロジーです。
脊髄の中枢神経の響きは、脳の中枢神経より早く、反射神経で感じます。
脊髄に響く骨導音は、映像の視覚と聴覚の響きが一体となり、協合現象によって心が3D の立体感覚になります。
映像に目を奪われている時、無防備な脊髄に響く生命の危険を伴う衝撃波は、脳内麻薬の陶酔感で脳を満たし、死が怖くない精神状態になります。
臨場感は、脊髄の反射で感じます。
音響免疫療法は映画・TV・音楽を「観る」「響かせる」「聴く」「感じる」に革命を起こしました。
心地よい響きを身体に聴かせる時代です。
世界はすでに動き始めています。
中国政府は生きた音を聴く映画館に大型導入始めました。