MENU

 

世界の美容に革命を起こした赤ちゃん肌の美容法

女性の夢 赤ちゃん肌 若い体が蘇ります

肌に触れ 鏡に映し 若い表情に女性の方はびっくりします

 

 

表面的に美しく魅せるメイク・美容整形・注射の美容法より、身体の内面から38℃に温め、腎臓・肝臓の臓器を活性化。
水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせ、みずみずしい赤ちゃん肌・元気な若い身体が蘇ります。
肌に触れ、鏡に映し、シミ・しわ・たるみのないしっとりした若い美しい小顔にびっくりします。
クレオパトラが追い求めた永遠の美、若い元気な身体が蘇ります。
年を重ね50 歳の細胞の水分は50%。
シミ・しわ・たるみの老化した肌と身体になります。
気力の無い厚化粧の元気の無い顔は見ていられません。
美容整形は劣化の恐怖から逃れられません。

 

病気ではないが 健康でもない状態を中国の

中華医学は「未病」と呼びます 元気で長寿の夢が叶います

日本の男性の平均寿命は78 歳、元気で健康な「健康年齢」は70 歳、女性の平均寿命は82 歳、健康年齢は74 歳と言われています。
元気で健康な長寿のライフスタイルを私達の音響免疫療法は実現しました。
未病とはまだ病気になっていない、まだ発病していない状態。
いつ病気になってもおかしくない状態のことです。
今から二千年前、中国では「未病」「病は気から」の考え方がありました。
医学のあり方として、予防医学・セルフケアが大切。
ある日突然に糖尿病、心臓病になるわけではありません。
病を発病する前に未病の段階で身体の変調に気付き、早めに自己免疫力で治療することが大切です。
西洋医学では発病する前の未病には対応できないと言われています。
病気になって薬を投与します。
音響免疫療法は自分の持っている自己免疫力を高め、病になりにくい体質にします。

 

借金1000兆円 国家予算90兆円 医療費42兆円の日本は医療費で潰される

病院の手術・薬は、治す手伝いにすぎません。
病気は自分の力でしか治せません。
日本人の多くはお医者さんが処方する「薬」が治すと信じています。
薬害は更なる病を発症させます。
恐ろしい現実です。
人間の生命をお金儲けの対象にした、間違った医学です。
マスコミはお金の為に、スポンサーの製薬会社のPR に協力、薬漬けにしています。
羊水エンターテインメント療法は、病に勝つ最善の方法です。
日本は医療費42 兆円、日本の経済は医療費で破綻しています。
日本は明治時代に、自分で病を治す東洋医学の思想を捨て、手術・薬中心の西洋医学の道を選びました。
中国は蒋介石の時代、「気」中心の中華医学を捨て西洋医学にしましたが、毛沢東政権により病を自分で治す伝統の中華医学を残した素晴らしい国です。
中華医学中心の「気」の磁気医療を行っています。
予防と自分で病を治す大切さを学校で教育しています。
日本の教育は、予防と自分で病を治す大切さを教えません。
毎日、テレビでお薬が病を治すコマーシャルでいっぱいです。

 

コウモリから体温を高める方法と最先端の超音波のレーダーの技術を学びました

コウモリは15℃の低体温で洞窟の岩に足で掴まり、頭を下にしてぶら下がっています。
飛び立つ直前に全身の細胞と骨を激しく震わせ、熱エネルギーで体温を43℃に高めて、飛び立ちます。
バイオリンは動物の骨から作られたゼラチンの接着層を激しく震わせ、音を響かせます(化学接着剤では音は響きません)。
西堀貞夫が注目したのは、コウモリが岩を捕む足の裏の細胞です。
コウモリの足の裏にはゼラチン質があります。
バイオリンのように激しく身体を震わせ、波動エネルギーを高め43℃に温めています。
西堀が開発したのは激しく震わせるこの響きです。
目の見えないコウモリは、レーダーを線でなく、弾で照射し、獲物を探します。
コウモリは、最先端の超音波のレーダーの仕組みを持っています。
コウモリは激しく身体を震わせ、磁気を高めレーダーを波紋の響きで照射しています。
コウモリは最先端医学、最先端のレーダー、最先端エネルギーを実践しています。