MENU

 

耳で聞く音響システムは古い技術

 

脊椎動物の背骨に響く生命の危険を伴う衝撃は 生体麻薬で心と身体を幸せにします

耳で聞くスピーカーの人工電子音は 身体に害を与えます

 

スマホ・パソコン・スピーカー電子音の電子文明の発達は

人間の心を不幸にしています
21世紀は心と身体を幸せにするITテクノロジーが大切です

子供が残酷なゲームに夢中になると、脳が残酷なゲームにより現実社会と区別がつかなくなり、病的な性格に変わり凶暴になります。
スマホ・インターネットに長時間毎日没頭すると、依存症になります。
スピーカー電子音やスマホ・インターネットの電子文明の発達は、人間性と心を不幸にします。
身体が求める響きは骨導音で響く自分自身の声です。
急所脊髄を打つ衝撃波は脳内麻薬の覚醒作用で心と脳を幸せの世界に導きます。
音響免疫療法は電子文明に侵された心と脳を幸せの世界に導きます。
自分の声を骨導音で脊髄に響かせ脳内麻薬を生み、麻薬作用で脳を幸せにし依存症を吹き飛ばします。

 

世界に特許を取得しています
中国特許 ZL200480028157
アメリカ合衆国特許 7771375
ロシア特許 2401037
日本特許 第4907991
EPC 特許 1683446
(ドイツ・フランス・イギリス・イタリア)
韓国 10-1091781

 

脊髄に響かせる映画館・ホームシアターの響きは

最先端医学を超え 未来の医学を変える!

 

ストローファイバー網構造体が伝える パイプオルガン「共鳴管」コントラバス「弦」の激しい響きの生命のリズムは 心臓と血管の脈動に同調 血流を良くし心と身体を健康に導きます

羊水の響きを身体に響かせるため、表面の密度を高めた3次元構造体のストローファイバー網構造体を開発しました。
バイオリンの弦のようにスピーカーの響きで軟質網構造体を震わせ、鳴り響かせます。
ストローファイバーは「光ファイバー『弦の響き』パイプオルガンの共鳴管」の響きを生み、高音・低温音域を極限まで広げ、脈動、波動、音圧、震動の激しいエネルギーを耳の可聴領域を超えて身体に響かせます。
血管のように作られたストローファイバーは、血管の脈動、生きた音の心臓音などの生命のリズムを身体に伝えます。
共振による歪みやノイズを取り除き、クリアな音を身体に響かせます。
体温を胎児のように38℃に高め、血管内皮細胞を活性化し、血管を若返らせ、血流を良くします。
網構造体は「羊水の生きた響き「」全身が音に包まれる「」身体が響きで浮き上がる「」身体を発熱させる「」生体麻薬・生体磁石を高める」など、新しい音楽革命の響きです。

 

 

1981年国立科学研究センター(フランス)の生物学者エレーヌ・グリマルと生体エネルギーの研究家ファヴィアン・ママンは低周波の音を正常な細胞とがん細胞に聞かせ、ある可聴域の音が「がん細胞」を死滅させることを発見しました。