MENU

 

胎児の尿で汚れた羊水は母親の伝える羊水の響きで浄化されています

録音した自分の声は他人の声のように聞こえます。
空気の音は「死んだ音」(20~2万Hz)。
体内の羊水の伝える水の響きを「生きている音」と私たちは呼んでいます。(2~15 万Hz)。
胎児を育てる羊水の響きを研究。
生きている羊水の響きを網構造体と板鳴りの響きで再現しました。
激しい波動エネルギーは摩擦熱は、細胞の分裂に必要な熱エネルギーを生み出します。
母親の体温は36.3℃の低い体温。
胎児を38℃に温め、羊水を浄化しています。
母親は呼吸音・心拍数など、生きている生命のリズムで羊水を響かせます。
波動エネルギーで摩擦熱を生み、胎児を38℃に温め、水分80%の細胞を育て、尿で汚れた羊水をきれいします。
母と子が持つ血液の赤血球に含む鉄イオン(強磁性)の磁気が磁気共鳴し、テレパシーで心を伝え合っています。
母親の響きの波動エネルギーは羊水の水分子を変え、尿で汚れた羊水を浄化しています。
羊水の響きの音響免疫療法は、私たちの血液・細胞の水分を羊水のように浄化、元気な身体に若返らせます。
胎児の体温が低下すると、羊水を増やし、響きの波動エネルギーの摩擦熱と、子宮内圧力を高めて胎児を温め、体温を調整しています。
生きた羊水の響きが細胞を若返らせ、心と身体を健康にする最先端医学であることに気づきました。

 

 

音楽のリズムの原点は胎児を育てた母親の生命のリズム

胎児は羊水の温水の中で揺られながら母親の生命の響きで成長します。
胎児の体温が低下すると、子宮内圧を高め羊水を増やし、響きの波動エネルギーを強くし、摩擦熱を高め、体温を調整しています。
母親の呼吸数(18 回/ 分)、体温(36℃)、心拍数(72/ 分)、血圧(144Hz)、母胎音(288Hz)の生命のリズムで育てます。
音楽の響きの原点は母親の生命のリズムです。
羊水の中で「胚子の魚の時代」「両生類」「爬虫類」「原始哺乳類」から人間としての誕生まで、35 億年の生物進化を再現し胎児となります。
魚類の時代、脊髄が感覚器官となり、脊髄で聴いていました。脊髄の響きが興奮するのはこのためです。

 

【アトランタ麻酔学専門医フレッド・シュワルツと西堀貞夫は胎児を育てた母体音をCD化しました。】

 

胎児のように体温38℃に温め 水分80%の元気な細胞でがんに勝つ体質にします

海の中で誕生した私達は、 海水のような羊水の中で育ちます。
羊水の響きは、細胞を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、細胞の水分を活性化、 水分80%のみずみずしい細胞を育てます。
50 歳になると水分50%の細胞になり、しみ・しわが多くなり、がん患者が増えます。
水分80%の細胞を作ることが、がんを予防し、がんに勝つのです。
お母さんは骨盤を緩め、脊髄・頭蓋骨をも緩め、出産します。
陣痛の痛みで幸せの脳内麻薬アドレナリン、エンドルフィンが生まれ、麻薬作用で痛みを忘れ、幸せを感じます。
赤ちゃんは羊水の中で母親の目、耳、心を通して、一緒に感じた外部の景色、喜び、悲しみの胎内記憶を物語のように話します(3 歳から5 歳)。
母と子の持つ生体磁石の磁気共鳴で愛をテレパシーで伝え合っています。
胎児期に母親が感じたネガティブな感情は胎児の心にトラウマを生み、大人になっても悪い潜在意識となって残ります。
胎児に話しかけ、音楽を聴かせ、お腹に手を当てるなど安心させる胎教が大切です。
音響免疫療法患者の会・西堀貞夫は心を癒すため、猫が病を治すゴロゴロ響きと素晴らしい秋の虫の響きをCD 化しました。

 

病で身体が弱っているとき、身体を震わせる響きの刺激は強すぎることがあります。安全のため、ボリュームを低くして下さい。